痩せる方法開発ブログ|ダイエットの記事一覧

やせていた人の肥満に注意

 もともと太っている人よりも、やせていた人が肥満になるほうが危険だという調査結果が出ました。 20歳のころにやせていた男性が10kg以上太ると、心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患の発症率は、体重の変化…

肥満遺伝子とマトリックスダイエット

 肥満に関係する遺伝子、いわゆる「肥満遺伝子」はは50種類以上あると言われています。 遺伝子の違いによって個人個人の体質は変わってきます。ということは、「肥満しやすさ」というのも遺伝子によって異なると…

肥満は遺伝か?

 肥満やメタボリックシンドロームなどは、生活習慣だけでなく遺伝的な要因(体質など)も大きく関係しているというのが一般的な考えです。両親が肥満の場合、子どもも肥満の場合が多いというのは皆さんも経験的に…

肥満遺伝子検査キットが売れている

 自分が肥満体質かどうかを検査する「肥満遺伝子検査キット」の利用者が急増加しているそうです。 肥満遺伝子検査キットの利用者数の増加は前年比で 120〜130%。ある通販マガジンで紹介されたのがきっかけで、…

RPB4と内臓脂肪肥満との関係

RBP4という物質をご存じでしょうか?これは血液中にあるタンパク質の一種です。RBP4は内臓脂肪から作られます。これはどういう事でしょうか?内臓脂肪量が多くなる、つまり内臓脂肪型肥満であれはRBP4の血液中の濃…

アコンプリアの承認反対

アコンプリアという薬があります。これは夢の「痩せる薬」と言われている肥満治療薬で、EU諸国を含む37カ国で使われているそうです。ちなみに、アコンプリアは日本ではまだ認可されていません。もちろん、日本でも…

これまでの肥満治療について

肥満を解消する方法といえば、みなさんはどんなことを思い浮かべますか?肥満解消やダイエットといえば、まずは食事療法(食事内容の改善)だと思います。低炭水化物ダイエットや、低脂肪の食事を摂ることによって…

胃内バルーン留置術

さて、従来の肥満治療でも改善されない重度の肥満症の場合、どのようにすればよいのでしょうか?日本では2004年から、大分大学付属病院などで行われているある肥満治療法があります。それが「外科的に肥満治療する…

胃バインディング術

前回の「胃内バルーン留置術」は、開腹手術が必要のない、画期的な肥満治療の方法でしたが、残念なことに、風船の耐久性の問題などから、肥満治療を行う期間が限られていました。そこで、次のステップとして行われ…

肥満外科治療の基準

これまで述べたように、外科的な肥満治療は、食事療法・運動療法・薬物療法でもダイエット効果のなかった方にとっても、絶大な効果を発揮しうる肥満治療です。ですが、この方法は誰にでも勧められるものではありま…

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。